ごあいさつ



  15年間の病院内科勤務の経験を生かして地域医療に専念すべく、平成3年12月に横浜市泉区に開業いたしました。
 内科開業医は日常一般診療に加えて、保健福祉センターでの予防接種等の業務や、医師会活動を通して休日・夜間診療所への出動や、地域住民の方々への健康保持、増進等の啓蒙活動も含めて行っています。
 平成16年11月に、クリニックは道路向かいの現在地に移転しました。
  なお、平成17年4月からは、国の施策の一つである研修医制度の導入により、わがクリニックでも、横浜市立大学付属病院の一研修医療施設として、研修医、学生を受け入れることとなりました。立派な医師が一人でも多く育成できるようにと微力ながら一助になればと考えています。
 また、平成24年より小林雄祐医師とともに高血圧症・糖尿病・脂質異常症・慢性腎臓病・動脈硬化症・自律神経機能などに関する研究を進めており、それによって得られた知見を地域の皆様の健康増進、疾患の発症予防のために貢献できるようにと考えています。


院長  小林 英雄

日本内科学会認定 総合内科専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
医学博士

院長略歴

          昭和28年 横浜市栄区で出生
          昭和40年 横浜市立二ッ谷小学校卒業
          昭和46年 駒場東邦高等学校卒業
          昭和52年 横浜市立大学医学部卒業
          以後、横浜市立大学付属病院
              神奈川県立足柄上病院内科
              クリーブランドクリニック(アメリカ・オハイオ州)
                       心臓高血圧部門,心肺麻酔科
              厚済会旭病院内科に勤務
          平成3年 小林内科クリニック開業

          平成22年 横浜市立大学医学部 社会予防医学教室 非常勤講師

          平成24年 横浜市立大学医学部 臨床教授





                       非常勤医師

                       小林 雄祐
                 土曜日(不定期) 担当

               日本内科学会認定 総合内科専門医
               日本腎臓学会認定 腎臓専門医
               日本高血圧学会認定 高血圧専門医・指導医
               身体障害者福祉法第15条指定医(じん臓機能障害)
               国際高血圧学会 Emerging Leader
               横浜市立大学 客員研究員
               医学博士
                      
                 

                        略歴

             平成17年 新潟大学医学部卒業

                 以後、
                 横浜市立大学附属病院
                 横浜市立大学附属市民総合医療センターに勤務

                 横浜市立大学大学院医学研究科 
                 病態制御内科学(循環器・腎臓内科学)
                 を経て医学博士号取得

             平成23年 横浜市立大学附属病院 腎臓・高血圧内科 助教
             平成27年 横須賀市立市民病院 腎臓内科 主任医長

                 イタリア Padova(Padua)大学 Visiting Scholarとしての短期留学を経て

             平成29年 済生会横浜市南部病院 腎臓高血圧内科 医長